貴金属について

18金って何?

「18金」は良く聞く言葉ですが、いったいどう言う意味だか分かりますか?
K18と表記しますがこの場合の「K」はKarats(カラット)のKで、金位(純金を24Karatsとして純金含有度を示す単位:kt.)を表します。主にアメリカでの表記です。因みにダイヤモンドのカラットはCaratでct. と表記されます。Caratは重さの単位で1Carat(1ct.)=0.2gです。
さて話を金に戻すと、「18金」は24分の18が金ですよと言う意味です。1000分率では750/1000、75%の金を含んでいる合金となります。24金では柔らか過ぎるのでジュエリーでは18金が良く使われますが、中国では資産と言う意味合いが強く24金の商品も多いようです。歯に入れる金歯は22金、アメリカのジュエリーは14金、10金、イギリスでは9金などのジュエリーが一般的です。海外で買い物をされる場合、品位は必ず商品に刻印されているので確かめると良いでしょう。
日本では造幣局が品位の検査をして刻印を押してくれます。イギリスでは試金鑑定所(Assay Office)で検査をしています。

18金の種類

18金は75%の金を含んでいる合金だと言う事はお分かり頂けたと思いますが、さて後残りの25%は何でしょう?普通18金と言う場合は銀と銅を混ぜます。この混ぜる金属の事を「割金」と言います。
銀と銅の割合で6:4、5:5、4:6 と比率を変えると金の色も変わります。割金の銅を多くするとピンクゴールド、銀が多いとグリーンゴールド、さらにパラジウムやニッケルを混ぜるとホワイトゴールドになります。ホワイトゴールドはメーカーにより割金の割合(パラジウムとニッケルの比率)が違う事がありますが、割金の比率は企業秘密の場合もあるので買う時に聞いても販売員も知らないと思います。いずれにしてもK18の刻印さえ確かめれば75%以上の金が含まれている事になります。ただ、K18と刻印されただけでは保証された訳では無いので国により刻印制度が取り入れられています。下の写真は造幣局の刻印ですが、貴金属の品位を表す刻印を打ってあります。日本の国旗菱形の中に750が18金の刻印です。
日本で販売されている商品の中で政府の認める機関での刻印が押されているのはまだまだ少ないと思います。通常K18の刻印で皆さん納得されているようです。

造幣局の刻印の種類 造幣局の刻印が押された指輪


Close

Top